ビットコインを出来るだけ簡単に説明

f:id:g-blog:20170707133915j:plain

■誰が作ったの?

もともとはナカモト・サトシという人物が発表した論文に基づいて設計されたシステムである(本人の特定はされていないらしいです
運営は2009年に開始
現在仮想通貨の中でもっとも時価価値が高いコイン!

■システムの概要


システムはP2P型のネットワークで運営されています。
所有者同士の取引が仲介者なしで直接行われる(この処理をトラザクション)
取引(トラザクション)が行われた場合、その処理をネットワーク内のユーザー達が計算し、処理を解決した者に対して取引手数料としてビットコインが支払われる
この際に支払われる手数料分のビットコインは新しく生成された物

ブロックチェーン(公開分散元帳)

f:id:g-blog:20170707133854j:plain


処理(トラザクション)を1ブロックに記憶、そのブロックが無数につながっていくイメージ
このブロックとチェーンはネットワークに公開されている


■マイニング


処理を計算して解決する人たちをマイナー(採掘者)と呼ぶ。
上記のトラザクション処理の報酬によってビットコインを獲得する行為をマイニング(採掘)と言う

ビットコインの数は?


ビットコインは2100万枚と最初から決められています。
2017年現在の発行数は全体の約半分となっていますが、取引量が多くなればそれだけ早く最大発行数へ到達するでしょう

 

■発行数が最大になったら廃止なのか?


おそらく2100万枚が発行されたあとは新しいコイン生成ではなく取引手数料としてコインの流動を与えるでしょう
そのときのビットコインの価値がどうなっているかは誰にも予想はつきません。

ビットコインを買いたい


現在日本国内でも何箇所か取引場があります。
おすすめはCoincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインのこの先


最近では世間でかなり騒がれているので手を出している人も多いでしょう。
また、2020年にはオリンピックを控えているのでビットコインの需要がもっと増えると予想されます。